モノボウル-monobowl-

【マイ3Dプリンター】by DeAGOSTINI

   

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る
email this

CMで気になる、DeAGOSTINIの『週刊○○シリーズ』から、とうとう『3Dプリンター』が出ちゃいました!!

3Dプリンタとは!?

ここ数年、かなり注目を集めていますね。気軽に自分でイメージした物を形に出来るという物です。例えば、簡単な食器やデスク周りの小物から、アーティスティックなオブジェ、複雑でメカニックな物まで。必要なのは、イマジネーションと、モデリングソフトのノウハウ、そして3Dプリンター。

マイ3Dプリンター_用途色々

プロの世界では!?

工業用の世界では、既に量産品の試作制作として使われ始めています。従来は、設計したものの形に合わせて、職人さんが削り出しで作ったり、金型を作ってそれを使用して作ったり、とにかく、手間も予算もなかなかかかる物です。それに対して、素材が限られたり、簡易的であるとはいえ、CADデータをそのまま3Dプリンターへ繋いでその場で仕上がるというのは、画期的な物です。光造形の本格的な物だと『大きな装置』ですが、個人で使えるレベルのものも出てきています。

マイ3Dプリンターとは!?

DeAGOSTINIのCMで同じのシリーズです。毎号付いてくるパーツを少しずつ組み立てていくと、3Dプリンターを完成させられる、パーツ付きマガジンシリーズです。3Dプリンターの使い方や、3D出力(3D印刷)に必要な3Dデータをモデリングするためのソフトウェアの使い方も学ぶ事が出来ます。全55号(週刊)で完成します。

マイ3Dプリンターとは!?

『週刊マイ3Dプリンター』の特徴

・ドライバーとレンチのみで簡単に組立可能!

・国内メーカーの設計・デザインならではの高信頼性!

・フィラメントはPLA樹脂だけでなく、ABS樹脂にも対応!

・マガジンでは、CAD、3DCGのモデリングを基礎から学べる!

・週刊で全55号なので、約1年で完成します!

お値段は!?

創刊号特別価格は、999円(税込)!第2号以降通常価格1,998円(税込)!といういつものやつです!全55号なので総額は・・・という風に計算してからチャレンジしてみてください!!(笑)

この記事を書いた人

JORDANDESS
JORDANDESS
ちょっと変わったモノ好き。《少数派》と自覚する事が多いが、結構ミーハーなところもあったり・・・。性格がかなりマイペースなので、セオリー通りにはいきません。文章も気分屋なところが出ていると思います・・・悪しからず。
The following two tabs change content below.
JORDANDESS

JORDANDESS

ちょっと変わったモノ好き。《少数派》と自覚する事が多いが、結構ミーハーなところもあったり・・・。性格がかなりマイペースなので、セオリー通りにはいきません。文章も気分屋なところが出ていると思います・・・悪しからず。

 - 周辺機器

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

コメントを残す

  関連記事