モノボウル-monobowl-

ロッテリアのかっぱえびせんバーガーを食べてみました

   

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
email this

かっぱえびせんバーガー_本体のみ

先月の27日に登場したカルビーとロッテリアのコラボメニュー「かっぱえびせんバーガー」を食べてみました。

そもそもロッテリアは私の中で非常にマイナーなファーストフード店です。どうしてもマクドナルドやケンタッキー、モスバーガー、バーガーキングと比べると目立った特徴がないんですよね。

ロッテリアはこれまでに「ラーメンバーガー」や「お好み焼きバーガー」、「チョコ&ハニーマスタードグリルチキンバーガー」、「飛騨牛ハンバーグステーキバーガー」等、奇抜なメニューをアグレッシブに展開してきて、注目はされてきたはずなのに、あまり足を運ばないロッテリア。

しかし、最近ファンになりつつあります。そのきっかけはメニューではなく環境に対してです。私は仕事柄、外で仕事をすることが多く、電源とDocomo Wi-Fi環境は必須となっていて、都内ではそのような所が増えてきてはいますが、やはり限定されます。そんな中、ロッテリアは電源&Docomo Wi-Fiがある上に、個別ブースのような席になっている店舗(ロッテリア 新宿中央通り店)もあり、私にとっては非常に良い環境なのです。

そうなってくると奇抜なメニューも楽しみになってきます。また、ロッテリアのスマホアプリを活用すれば、「時限クーポン」や通常のクーポンでお得に食べられます。

先日ロッテリア 渋谷道玄坂店で、ロッテリア得意の奇抜メニュー「かっぱえびせんバーガー」を食べてみました。道玄坂店は個別ブース席はありませんが、電源もDocomo Wi-Fiもあります。

かっぱえびせんは確かにおいしく、やめられなくなるスナック菓子ですが、それをエビバーガーに入れるというのは、全く想像出来ませんでした。なんか安っぽくなるような気が・・・。

早速、クーポンを使い、かっぱえびせんバーガー+チキンからあげっと+ペプシSのセット500円を頼みました。

まずはパッケージ。

かっぱえびせんバーガー_包装された状態

紙包装はかっぱえびせんのデザインです。そしてサイズは普通のハンバーガーのサイズ。

中身はこんな感じ。やはりメニューの写真のようなボリューム感や明るさはないです。写真の撮り方がうまくないというのもありますが・・・。既存メニューのエビバーガーのころもの部分にかっぱえびせんが使われています。キャベツのところにあるタルタルソースには桜エビが入っていて、かっぱえびせんの世界観を演出しています。

かっぱえびせんバーガー_中身

さてさて、お味は・・・ということで、かじってみました。汚くてスミマセン。。。

かっぱえびせんバーガー_かじったところ

ちょっと写真では見えませんが、中に入っているエビがうまい!そして外はサクサク。タルタルソースはもう少し多めのほうが個人的には良いと思いましたが、かっぱえびせんが効果的に使われていてうまいです!エビ好きの方はきっと気に入るはずです。是非一度お試しください。

私の中でマイナーだったロッテリアですが、今後、奇抜メニューに期待し、足を運ぶことが多くなりそうです。

この記事を書いた人

monobowl
普段はモノづくり業界に特化した各種サービスを提供する仕事をしています。昔からモノが好きで、購入しなくても想像したり、スペックを見比べたりするだけで楽しいと思える変人です。特にデジモノが好きでヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機などへは良くウインドウショッピングに行きます。モノボウルでは自分視点で各種「モノ」をどのようにみているかや購入する時はどうやって選んでいるか等を勝手気ままに書いていきます。奇跡的に参考になった際にはシェア、コメントなどよろしくお願いします!

 - 食べ物

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

コメントを残す

  関連記事