日々のスケジュール管理に、クラウド型スケジューラーを利用している職場も多いと思います。
外出時の交通費精算は、別途データを用意して…。これって手間ですよね?!
締日が迫ってくると焦るし面倒だし。

日本技芸さんが提供している「rakumo」は、Google Apps上で動作するビジネス向けアドオンツール。
このシリーズとして、スケジュールから交通費を自動計算し経費精算が可能な【rakumoケイヒ】という新サービスが提供されました。

feature_1_cut

スケジューラー「rakumoカレンダー」と連動

カレンダー上の乗換検索画面からカンタンに操作できます。

交通費データは「NAVITIME」を利用

乗換検索画面で登録した運賃情報が経費精算に反映されます。

データ管理もカンタン便利

申請内容はPDF変換し印刷して申請書類として利用したり、GoogleDriveに保存できます。

管理者もラクに

精算内容の確認や締め日の設定、仕訳データ管理など管理者の手も煩わせません。

こんなに便利なのに初期費用ナシ、1ユーザーあたり月額300円(税別)で利用できます。
これでいつでもどこでもサクッと経費精算できて作業効率アップ間違いなしですね。